TMM-Style

日々の気になる、ちょっとしたことをUPしていきます☆

AdSense


通訳とチョコレート

最近、久々に会議通訳(英語-日本語)を行う機会がありました。

通訳といっても、いろいろな種類があります。

・同時通訳:話し手と同時に通訳がおこなわれる。

・遂次通訳:話を適当なところで区切って通訳をする。

・ウィスパリング通訳:会議で、1名ないし、2名に通訳が必要な場合、その方の後ろで、ささやくように通訳をする。

f:id:tmm-style:20180318143156j:plain

 

 

私ができるのは、遂次通訳で、同時通訳は別格の通訳レベルが必要なため、かなりの練習を行わないとできない通訳の方法です。

 

多言語が話せるから、通訳できるというわけではなく、英語が話せるようになるよう練習するように、通訳になるためには、そのための練習が必要です。

 

通訳をしながら感じることは、かなりの集中力が必要なことです。わたしの場合は、だいたい、2時間前後で集中力のピークが過ぎていくのがわかります。以前、通訳セミナーや、知人の通訳者の方から教えていただいたことは、脳に栄養を与えるために、合間、合間にチョコレートを食べているということです。

 

今回は約2日間のアテンドだったため、しっかりチョコレートを準備しました。えっ!?チョコレート!?という感想をお持ちの方も多いと思いますが、わたしも、はじめ聞いたときは嘘だ~っと思いましたが、食べるのと、食べないのでは、違います。

ちなみに、今回は、GABAのビターチョコレートを持参。バクバク食べたので、あっという間に1袋なくなったので、2袋目です。 (笑) 通訳者の方によっては、飴を準備される方もおられるようです。

 

f:id:tmm-style:20180318170425j:plain

そして、通訳を延々と行うため、のどがすごく乾きます。飲み物は準備しておりましたが、乾燥している時期なのか、お水をごくごく飲みました。

 

 

通訳は、ただ単に、言語と言語を訳するだけでなく、言葉1つ、気配り1つで、その場の雰囲気を変えてしまうので、奥が深いです。

先輩からは、通訳するときは堂々とふるまって、その場の雰囲気を自分で作ることが大切だよっと、教えていただいたことを思い出しながら、行いました。

 

あっという間に、過ぎ去った1週間でした。無事に終了したので、ほっとしています。