TMM-Style

日々の気になる、ちょっとしたことをUPしていきます☆

AdSense


<書籍紹介>「ワイン1年生」より、ワインを学ぶ。ウフフ

ワインには、いろいろな種類があって、

ボトルの表記は、英語だけでなく、フランス語、スペイン語、イタリア語などの

多言語で記載されています。

私にとって、多言語での記載もワインのハードルが高いと感じていました。

この本にたどり着くまで、

正直なところ、赤、白、ロゼ、泡ぐらいの分類しか、

ほとんど知りませんでした。。。

 

仕事上、海外との接点が多いため、

接待といえば、外国のお客様にはワインの教養は必要だな~っと

痛感しながらも、これまでは、上司を頼りに今までしてきました。

しかし、その上司も退職。。。

そんな時に、偶然出会ったのが、

ワイン1年生」という本です。

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

 

 

本を読んでの感想は、

ワインに興味を持ったビギナーの方には、

とにかく分かりやすく、おススメです!!!

 

ワインの品種ごとの特徴を捉えた

マンガのキャラクターが、分かりやすく登場します。

本を読んでいくと、旧世界のワインの説明から始まり、

新世界のワインを紹介してくれます。

ワインの品種だけでなく、ワイングラスの説明もあるので、

今後の参考にもなります。

サンクチュアリ出版さんのサイトでも、

品種リストがダウンロードできるように、

紹介されています。

www.sanctuarybooks.jp

 

今までは、飲んだ後に、この味好きかもっと

感じることはあっても、

品種も何も分かっていない(知らない)ので、

なぜ、美味しいと感じたのか?

なぜ、このワインとお料理がマッチしているのか?

フィーリングでの理解だったので、すごく曖昧でした。

本を読んだ後に、

なぜおいしいと感じたのかが、初心者ながら

ワインを理解していく、

光の扉が開いた感じがします。

 

個人的に好きなのは、白ワインでは、

甘めの、リースリングという品種が、

過去の記憶をたどったところ好きなのが分かってきました。(#^.^#)

試したことがあるのは、ドイツ産のリースリングのみなので、

今後は、オーストラリアなどもトライしてみたいです!

 

www.enoteca.co.jp

 

f:id:tmm-style:20190929151125j:plain

赤ワインは、昔からあまり得意でなかったのですが、

こちらも記憶をたどって、美味しいと感じたのは、

ピノ・ノワール(旧世界)です。

赤ワインでも、どちらかというと、

ライトボディーで渋みが弱い方が好きなことが分かりました。

www.enoteca.co.jp

 

品種的には、ピノノワールが好きなので、

本を読んでから、最近は、日本のワインも拡大しているようで、

日本産のマスカットベリーAという品種のワインも

飲みたくなってきました。

www.enoteca.co.jp

 

f:id:tmm-style:20190929151245j:plain

本を一度読むだけでは、品種の種類も多いので、

ワインを買いに行くときは、

ダウンロードしたイメージを携帯の写真に保存して、

お店で品種をこっそり、確認しています。(笑)

 

 

最近、日本のワイナリーも、ますます盛んになってきているようで、

探してみると、たくさんのワイナリーが出てきました。

一度、ワイナリー見学に行ってみたくなりました。

gurutabi.gnavi.co.jp

 

今年のボジョレー・ヌーヴォーは、

2019年11月21日(木)解禁の告知がでていたので、

友達を誘って、ワインとチーズを囲んで、

開くことを検討はじめました!

 

www.tmm-style.net

 

大人ライフを満喫したいです。°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°